電子タバコってなに?電子タバコは体に害があるの?

LINEで送る
Pocket

今回は電子煙草(たばこ)について触れたいと思います。

禁煙グッズとして名前を知られていますね。以前はコンビニなどで発売されていたのでよく見かけた人もいるでしょう。最近ではあまり見なくなりましたね。

電子タバコに関してはいろいろと噂がありますね。効果があるといった意見、逆効果という意見、肉体に害があるという噂など様々です。

それらについて説明していきたいと思います

電子タバコってなに?

電子タバコという言葉を聞きますが、これはどういったもなのでしょうか。

電子タバコとは・・・

たばこに似た形の吸引器を口にくわえ、専用カートリッジ内の液体を電熱線の発熱により霧状化し、その微粒子をたばこの煙のように吸引することでたばこの代替とする。葉を用いる従来のたばことは異なり、火気を用いない上に、燃焼に伴うタールや一酸化炭素なども発生しない。また、たばこの先端から副流煙は発生しない。

健康への影響については不明である。2008年頃から日本国内においてもメディアなどで取り上げられている。

香りや味を風味に加味させた製品やニコチンを含む液体を使用した製品もある。

形状は葉巻型、パイプ型、紙巻煙草型など様々なものがあるが、構造的にはすべてほぼ同じで、「充電式バッテリー」(蓄電池)と「噴霧器としての本体」、「希釈液を含んだカートリッジ」(風味)から構成されている。電池はほとんどのものがリチウムイオン充電池を使用しており、継ぎ足し充電が可能である。

※wikiより引用※

火を使用せず副流煙の発生しないタバコというわけですね。

本物のタバコとは違いますが、ニコチンが含まれているものについては未成年者や妊婦の利用は不適切といえますね。

効果についてですが「人によって効果はある」という曖昧な言い方になります。

他の禁煙グッズでも同じですが、電子タバコを使用したからといって禁煙が成功できるとは限りません。口寂しさを紛らわす程度のものであり、あくまでも禁煙のきっかけですね。

電子タバコの害は?

電子タバコの害についてはよく言われていますね。

こちらについては賛否あります。

米国では火傷や呼吸器疾患や心血管障害など、電子タバコに関連する健康被害件数が急増しています。電子タバコも実際のタバコと同じほど人間に有害なのだと指摘されており、米食品医薬局(FDA)は電子タバコから発ガン性物質と人体に有毒な不凍液の成分などが検出されたと発表しています。

ただ、これに関しては様々意見があります。

ニコチンを含まない電子タバコは害がないと言われています。

日本に流通している電子タバコは基本的にニコチンが含まないので、安全と言えるでしょう。ただし、その場合はしっかりしたメーカーの商品を選ぶ必要があります。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る