禁煙マーク意味の意味と効果について説明します

LINEで送る
Pocket

禁煙マークロゴについて説明をしましょう。

禁煙マークの絵をご存知でしょうか。今まで一度も禁煙マークを見た事がないという方はおそらくいないと思います。テレビなどで頻繁に見かけますし、ファミレスなどではぶら下がっていますよね。

喫煙者にとってはどうにも印象が悪いものですが、あの禁煙マークには本当は様々な意味がこめられています。

禁煙マーク意味の意味と効果

nosmoke_Dspec

実は禁煙マークには本当は様々な意味がこめられています。

禁煙マークの絵にフィルターの穴が空いているのをご存知でしょうか。それは軽いタバコを表現しています。また、先端が赤くなっているのがわかりますでしょうか。あのタバコの先が赤くなっているのは、先端の温度が数百度の高温になることを表現しています。

この2点だけでます、考えられることがあります。

タバコはとても軽いので、誰でも簡単に持つことができる。指の間でも持つことが可能です。

そして、先端の温度が数百度あって人に触れると火傷してしまうという意味があります。タバコの怖さを表現しているわけですね。

煙の絵にも意味があります。よく見ると薄く描かれていることがわかりますね。これは煙の量に関わらず、タバコの煙は危険ですよというメッセージがこめられています。

受動喫煙の注意喚起ですね。

受動喫煙というのは吸っている人間だけでなく、周囲にいる子供たちも煙を吸ってしまうことになるということです。イラストではそれを表しています。

効果について

この禁煙マークですが、2003年5月1日から健康増進法が施行されました。様々な公共施設や飲食店、色々な場所で禁煙マークを見かけるようになりましたね。

作られたのは2000年以降だったことに意外と感じる人も多いでしょう。

禁煙マークを提示することによって、喫煙場所を明確にする事ができ、これまでは意識していなかった喫煙者の意識も高まりつつあります。

実際にどうなの?

効果なのですが、大きな効果がありました。

意識の高まりと禁煙運動も相まって日本の喫煙率が年々減少傾向にあります。喫煙すると体に害ということも伝わり、禁煙マークのあるところで喫煙する人々を見なくなりましたね。非常に高い効果があったと判断していいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る