禁煙をしている時の眠気の原因は?

LINEで送る
Pocket

禁煙の敵はいくつもあります。

その代表は「ストレス」と「眠気」です。

特にこの眠気に関しては禁煙をしている大多数が感じていることでしょう。ものすごい睡魔で、いくら頑張っても太刀打ち不可能なものです。それについてはこちらの記事でも紹介させていただきましたね。

この眠気の原因について説明していきたいと思います。

眠気の原因は?

眠気の原因は「ニコチン」です。

眠くなるのは離脱症状が出ているからです。

ニコチンには脳内の覚醒を促す神経伝達物質である”アセチルコリン”と同じような働きをします。ニコチンを日常的に摂取していると、脳内の覚醒を促す”アセチルコリン”の分泌量が抑えられてしまうのです。

これが抑えられてしまうことが眠くなる原因です。

ニコチンが体内に入ると、脳はアセチルコリンを作る必要がないと判断して作らなくなってしまいます。それだけニコチンは強力に肉体に作用するのです。眠気の原因は”アセチルコリン”が分泌されていないないからというわけです。

これは脳の状態に関係しているので自分の意思で抵抗することは不可能に近いです。

専門家でも「眠気が来たら寝るべし」と言います。

禁煙開始から3週間程~1か月程度で”アセチルコリン”の分泌が正常化すると言われているので、1か月程度は辛いことを覚悟しましょう。

ただ、悲観しないでください。この眠気は体が変化している証拠です。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る