禁煙の効果はどれくらい|禁煙すると顔に違いが出ます

LINEで送る
Pocket

今回は禁煙によって得られる効果についてです。

禁煙によって得られるメリットは以前の記事で紹介しましたね。禁煙をすることは身体にとっていい作用が多く存在し、肉体を健康にしてくれます。循環器系の回復にガンのリスク低下などは非常に大きなメリットといえるでしょう。

しかし、他にも効果があります。

今回は「禁煙によって”顔”が変わる」という点について触れていきたいと思います。

禁煙すると顔に違いが出ます

禁煙に関して昔から囁かれている噂があります。

それは”タバコを吸っていると顔に違いがでる”というものです。

この噂は事実です。喫煙者の方はこのような経験があると思います。「タバコを吸ってるか、吸ってたよね?」というものです。喫煙者の方はこのような発言をされてビックリした経験もあることでしょう。

特に女性はこっそり陰で吸っていた、というケースもありますからね。

これを通称「タバコ顔」といいます。

※タバコ顔の特徴※

・唇が汚らしくくすんだ色

・顔の血色がイマイチ

・眼球の白い部分が黄色い

・歯グキが紫色で

・歯の隙間がドス黒く

・年より少し老けた感じ

・近寄るとヤニ臭い

最低な特徴ですね(笑)

禁煙すると顔はどう変化する?

具体的に禁煙すると、どうなるの?

禁煙すると明らかに変わることが多々あるので、顔は変化します。特に女性の場合は顕著であり、肌のきれいになります。

タバコを吸うと、体内のビタミンCを大量に消費してしまいます。ビタミンCのいろいろな効能のひとつに、コラーゲンの生成を助けるという働きがあり、喫煙は肌の張りや艶を失う原因となります。

タバコをやめれば少なくともシワやシミの原因を防ぐことが出来そうです。

また、タバコを止めると体が健康になり、いっぱい食べるようになります。

食べることで健康になり、顔立ちも変化するわけです。

変化といっても顔に生気が戻り、活力が湧きます。ただし一杯食べることで太ってしまうという難点があります(苦笑)

顔とは違いますが、ヤニの臭いも消えるので初対面での印象がアップします。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る