禁煙の効果について|禁煙3日でなにが変化する?

LINEで送る
Pocket

今回も禁煙の効果についてです。

禁煙を考えている人の中で疑問を覚えている人もいるでしょう。それは即効性についてです。どれくらいの期間ガマンしなければならないのか。

「禁煙してもすぐには意味ないだろ?」

そう考えている人も多いでしょう。今回は禁煙を3日おこなった際の効果についてです。禁煙して3日の効果を説明します。

禁煙して1日の結果

まず、30分ほどで血行が改善されます。

タバコを吸った直後の開放感がニコチンの効果は数分で失われます。しかしニコチンは失われたものの、しばらく体内では喫煙の影響が残ります。

30分後は喫煙によって収縮していた血管が元に戻り、ようやく手足の血行がよくなってくる頃です。

ところがせっかく健康体に戻り始めたというのに、体はニコチンを求め始めて”禁断症状”が出てきます。

さらに時間が経過すると禁断症状がでます。

禁煙して「1時間~5時間」の間がなによりも辛い時間です。

8時間ほどすると、呼吸器系が改善されます。

身体的には運動能力の改善が見られ始める頃です。血液中の一酸化炭素が減り、酸素濃度が正常値に戻ることで、呼吸が楽になります。しっかりと睡眠時間をとって寝た場合、翌朝はかなり正常に近い状態となっていることでしょう。

禁煙して3日の効果

丸1日あまりで肺がキレイになります。

血液中の一酸化炭素濃度が正常値に戻ります。ヤニで汚れた肺が浄化作用を始めるのは24時間経過したこの頃です。血圧の値も改善されて心臓発作の確率も下がります

これだけでも大きな効果といえるでしょう。

3日経過すると味覚や嗅覚が正常になり、健康体になります。

ニコチンが体内から完全に抜けきる頃です。身体面の変化が如実に現れてきます。喉のイガイガや痛みが取れていることを実感しますね。

気管支の収縮が無くなり、呼吸が楽になり、肺活量も増加します。

食事がすこしずつ美味しく感じるようになり、食べる量が増えていきます。健康体に近づいていきます。

禁煙3日の効果

☆呼吸器系の改善

☆肺がキレイになり始める

☆味覚や嗅覚が正常になる。

3日でもこれだけの効果が得られます

短時間からの禁煙でもメリットがあるので、とりあえずという理由で禁煙をしてみるのも手でしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る