禁煙の効果について|禁煙して1週間したらどう変化する?

LINEで送る
Pocket

禁煙の効果についてです。

今回は禁煙1週間でどのような効果を出るのか説明したいと思います。禁煙3日までの効果は以前の記事で説明しました。

今回は1週間でどれくらいの効果が出るのか説明したいと思います。

禁煙1週間の効果

まず、最初に言いたいのがこの「禁絵3日~1週間」の時期は地獄です。

多くの人が禁断症状でガマンできなくなります。禁煙を開始すると、すべての方に共通して3日~4日が一番辛いと言われます。気合を入れて挑みたいですね。タバコのニコチンによる依存症が強く表れる時期だからです

しかし、この1週間が禁煙の鍵です。

1週間が経過した頃の効果ですが、快適な睡眠と食欲が旺盛になります。

もっとも特徴的なのが”睡眠に効果”が現れます。これはニコチンのせいで機能しなくなっていたアセチルコリンが復活し、睡眠のリズムが正常に戻るからです。

禁煙者のほぼすべてがこの睡眠については実感します。

喫煙すると熟睡や気持ちの良い目覚めができなくなります。毎日のように喫煙している人はその感覚も鈍っています。

また、食事関係でも変化があります。

食欲がアップして、食べる量が多くなります。さらに2日酔いが少なくなります。喫煙者は2日酔いが酷くなりますが、禁煙すると酔いにくくなります。

禁煙して2週間の効果

女性に嬉しいのが、この2週間目です。

肌がキレイになり、活動的になります。

美肌効果を実感し、肌にハリとツヤが出てきます。これは体全体の血液の流れが改善したことによるものです。女性にとっては非常に嬉しいですね。

男性でも肌に活力が戻ってくるのを実感できます。

他にも運動量が増えます。

肺活量の30%ほどが回復しているのです。これによって運動がしやすくなり、快適な生活が送れるようになります。肺活量が増えたことで快活な生活が送れるようになります。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る