禁煙の効果について|歯茎を元に戻すには時間が必要です

LINEで送る
Pocket

今回は喫煙で気になる外見についてです。

タバコを吸うことで嫌な事は健康面でもそうなのですが、外見についてもデメリットが大きいです。特に顔はタバコの原因を受けることが多々ありますね。

今回は歯茎について触れていきたいと思います。

歯茎を元に戻すには時間が必要

女性が禁煙を始める理由で多いのが実はこれです。

ふと、鏡に映る自分の歯です。

タバコを吸い続けると歯茎が汚れ、きれいなピンクから黒く変色していることがわかると思います。黒い歯茎で作る笑顔というのは非常に印象が悪いです。男性はそういうところを結構見ているものです。

誰かに見られなくとも、自分で見ていても気味が悪いですね(苦笑)

でも、歯茎は再び戻るの?

この疑問を感じている人も多いでしょう。安心してください。歯茎は禁煙することですこしずつではありますが、ピンク色に戻っていきます。残念ながら完全なピンクに戻るのは難しいでしょうが。

歯茎については3週間前後で効果が出てきます。

完全に戻すのは難しいと言いましたが、それはあくまで自己流の場合です。医者と相談すれば歯茎をきれいなピンクに戻すことも可能かもしれないですね。そのあたりは相談してみましょう。

重要なのはしっかり禁煙を続けること。

歯茎にしても肌にしても禁煙をしないと回復しないことは明らかです。

ただ単純に「歯茎をきれいにしてくれ」と医者に届けたところで喫煙を続けていたら無意味です。すぐに黒く汚れてしまいますからね。きれいな笑顔を取り戻したいのなら禁煙を続けましょう。

タバコはニコチン、タール、一酸化炭素、アンモニア、活性酵素が体内に入り、特にニコチンは女性ホルモンの分泌や作用を抑えてしまう効果があります。女性らしさを取り戻すためには禁煙が一番です

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る