禁煙の効果で魅力的なのは毛髪|煙草をやめると髪が生えてくる?

LINEで送る
Pocket

さて、今回は禁煙の効果についてです。

喫煙者は禿げやすい、ということを聞いたことはないでしょうか。

「タバコと禿げって関係ないだろ?」

そう思っている人は注意してください。これは事実であり、喫煙者は禁煙者に比べて髪の毛が少ないことがわかっています。これは科学的にも証明されていることです。

喫煙すると禿になる

まず、わかりやすく答えからいきましょう。

喫煙者は禿げやすいです。

あまりにも簡単に言い過ぎましたが、その厳密に理由を述べていきましょう。

勘違いしてほしくないのは、タバコを吸っている人間が全員必ず禿げるというわけではないです。しかし禿げやすいという特徴があるのは事実です。

それは「喫煙すると髪が抜けやすくなるから」です。

髪の毛の成分にはケラチンというタンパク質が含まれています。このケラチンというタンパク質の「メチオニン」と言うアミノ酸が、喫煙によって大量に消費されます。

メチオニンが少なくなると、当然髪は栄養不足になります。髪の毛が抜けたり、細くなったり、新たに生えにくくなったりします。

注意したいのは・・

禁煙する=髪の毛が生えるわけではない
禁煙する=髪の毛が抜けなくなる

ということです。

喫煙すると頭皮の血行不良に繋がる

タバコを吸うと毛細血管が縮まり、血行不良に繋がります。

この血行不良については重要な要素です。

髪の毛が生える理由として、血液が頭皮に回っていることが重要となります。タバコは発毛の促進を妨げることになります。

「でも、それほど危険ならもっと情報が出回っているのではないでしょうか?」

こう思われるのも当然です。

確かにタバコを1本吸うだけならば深刻な問題にはならないですが、毎日吸っていたら体にも髪にもダメージが蓄積されていきます。髪の毛の成長を妨げる効果が毎日積み重なっていき、若いうちから喫煙している人は髪の毛がドンドン元気を失っていきます。

髪の毛も腰などの体と同様で、毎日のダメージで徐々に弱くなっていきます。

若い年齢からのケアが大切となります。

禁煙することは髪の毛にとっても、体にとってもプラスでしかないので禁煙をオススメします。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る