禁煙のデメリットについて|ストレスの蓄積には注意しましょう

LINEで送る
Pocket

当サイトでは禁煙を応援しています。

しかし、禁煙をするにしてもデメリットが存在します。

今回は禁煙をすることに関してのデメリットをお伝えしたいと思います。今回は特にストレスについて触れていきたいと思います。

ストレスの蓄積に注意しましょう。

禁煙をするにあたって注意したいことがあります。

それが”ストレス”です。

タバコを始めた要因のひとつに「ストレスを発散させてくれる」という理由があります。禁煙をためらっている人も中にもこの理由を使う人がいますね。

試しにちょっとタバコを止めたら、怒りやすくなったとか。

しかし気を付けてほしいのが、この理由(タバコを吸うとストレス解消になる)に関してはそもそも”嘘”です。

タバコを吸うとストレス解消になるというのは真っ赤な嘘です。科学的にタバコを吸うことでストレス解消になるのが嘘であることが証明されています。怒りやすくなるのは禁断症状であり、これはストレスではなく単なるニコチン中毒です。

とはいえ、ストレスが蓄積するのは確かです。

これまでタバコを吸っていた人が急に吸えなくなったらストレスが蓄積します。

さらに禁断症状が出てきます。

肉体がニコチンを欲しがり、ストレスが溜まっていきます。これによって暴力行為におよび、イライラする場面が多くなります。ケンカ早くなるというケースもあります。

対策として

対策についてですが、これに関しては基本的に”ガマン”しかないですね。

ストレス解消法を用意するのも手ですね。

禁断症状は肉体と精神に大きな負担をかけます。これを軽減させるためにはストレスを解消する方法を考えたほうがいいでしょう。

ただ、止めてほしいのが再び”喫煙に戻る”ということです。

これを何度も繰り返していたら禁煙することが生涯不可能になります。それはストレス解消ではなく、ただ禁断症状にすがっているだけです。

禁煙パイポ&パイプなどを使うのも手といえます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る