受動喫煙はマスクを使用すると防げる?

LINEで送る
Pocket

非喫煙者にとって辛いのは受動喫煙です。

受動喫煙とは非喫煙者でありながら、喫煙者の吸っているタバコの煙の影響を受けることです。こちらの記事でしっかりと説明していますのでご参考にしてください。

さて、今回はこの受動喫煙の防ぐ手段について書いていこうと思います。

マスクを使用すると防げる?

気になるのはこれですよね。

家でも外出先でも受動喫煙は気になるところですが、マスクなどを装着することで効果があるのでしょうか。

受動喫煙の副流煙ですが、マスクで防げるかどうかですが答えは「完全には無理」というものです。正確にはマスクの性能によって多少は防ぐことができる、といったほうがいいでしょうかね。

タバコの煙は中国の大気汚染などで聞いたことがあるであろう単語「PM2.5」に分類されます。タバコに火がつける際に発生する粒子もPM2.5に分類されます。

PM2.5はマスクだけで防ぎきることが非常に難しいです。だからといって、これらを防げる防毒マスクなどを使うのは現実的ではないでしょう。

ただ、最近マスクの性能が徐々に上がっています。

今後はマスクで完全にシャットアウトできる日も来るでしょう。とはいえ、最もベストな選択は受動喫煙をしないことでしょう。禁煙者が増えることが望ましいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る