タバコ害について|受動喫煙の危険性と症状を説明します

LINEで送る
Pocket

今回はタバコの害についてです。

タバコを吸わない人は喫煙者に対してあまりいい感情を持っていないですね。その理由としてはいくつかありますが、特に多いのは「臭い、煙、そして受動喫煙の危険」ですね。

今回は受動喫煙の危険性について触れていきましょう。

受動喫煙の危険性

他人のタバコは害があるのでしょうか?

疑問に感じている人も多いでしょうが、断言できます。

害はあります。

喫煙は吸っている本人の健康にとってよくないのは無論のことですが、周りの人の健康にも悪影響を及ぼします。すぐに出る症状と長期的に影響がでる症状の2つがあります。

受動喫煙ですぐに出る症状

☆目と喉の痛み

☆心拍数の増加

☆咳込む

これらの症状が出ます。

覚えのある方もいるでしょう。

子供などは特に咳が酷く、父親が喫煙をしてその煙を子供が吸うと体調が悪化します。

受動喫煙で長期的な影響

受動喫煙では長期的にも影響があります。

受動喫煙をしていると、心筋梗塞や狭心症で死亡する危険性が上がることがすでに判明しています。他にも受動喫煙により、脳卒中や喘息などのさまざまな病気を発症する危険性が高くなることが知られていますね。

受動喫煙で長期的にでる症状

・肺ガン

・宮頚ガン

・脳卒中

・心筋梗塞

・動脈硬化

・糖尿病

とても危険な症状が出ます。

喫煙者でなくとも、喫煙者の近くにいるだけで非常にリスクが上がります。また乳児や妊婦には多大が影響が出るので、受動喫煙はとても危険といえますね。

子供には「身体発育の低下&呼吸機能の低下」など深刻な症状がでます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る